SAMPLING×ZINE

SAMPLING-4.5

2020/11/24

こんにちは、鈴木ゼミ8期生です。

今回は、昨日に引き続き、ゼミの時間外で集まってSAMPLINGのカテゴリ決めをしました。講評が近づいているので、カテゴリの最終決定に向けてブラッシュアップを続けています。

「〇〇(ゼミ生)っぽいもの」集めも引き続き行いました。

今回のカテゴリはこちら

・まわるもの

・にせもの

・長いもの

・まもるもの

・使っていないもの

・コップ

・赤のものと青のもので関係性のあるもの

・わるもの(ブラッシュアップ版)

・透明なもの(ブラッシュアップ版)

・顔に見えるもの(ブラッシュアップ版)

・かけるもの(ブラッシュアップ版)

 

コップ

みんなが普段使っているコップです。

 

赤のものと青のもので関係性のあるもの

このように一つで2色というパターンもありました。

 

わるもの(ブラッシュアップ版)

割るといっても、様々なものを割ることができます。割り勘、割り算など。

 

顔に見えるもの(ブラッシュアップ版)

こちらを見ています。

 

かりちょ(橘田さん)っぽいもの

橘田さんはカラフルなものや外国っぽいものがたくさん集まりました。

 

咲紀ちゃん(鬼澤さん)ぽいもの

ゲームやおもちゃなど、子供の頃のものが集まりました。しかし、絵心教室DSもPlay Stationも持っていないそうです。

SAMPLING-4

2011/11/23

こんにちは、鈴木ゼミ8期生です。

第4回目のSAMPLINGです。今回は、ゼミ生が考えたカテゴリに合わせてものを持ち寄るだけではなく、それぞれ適当にものを持ち寄って、そこから新しくカテゴリを作り出しました。

また、ゼミの終わり際には、持ち寄ったものの中から、「〇〇(ゼミ生)っぽいもの」を探して集めてみたりしました。

今回のテーマはこちら

・赤いもの

・青いもの

・かけるもの

・顔に見えるもの

・空なもの

・透明なもの(ブラッシュアップ版)

・細いもの(ブラッシュアップ版)

・わるもの(ブラッシュアップ版)

 

赤いもの、青いもの

見た目が鮮やかで見ていて楽しいですね。ここから「赤いものと青いもので関係性のあるもの」という新しいテーマが派生しました。

 

かけるもの

ハンガーにかける、ラップをかける、鍵をかけるなど、かなり解釈の幅が広がる面白いカテゴリです。

 

空なもの

(容量が)空なもの、という解釈などもありました。

 

透明なもの(ブラッシュアップ版)

野村さんが、食べ終わったトマトのヘタを透明なトマトとして持ってきていました。

 

わるもの(ブラッシュアップ版)

時々、画面がバキバキに割れたiPhoneをそのまま使っている人を見かけます。

 

神聖なもの(新しく作ってみたカテゴリ)

単体で見たら普通のものでも、この空間にあると神聖なものに見えてきたりして面白いです。

 

岡山(岡山さん)っぽいもの

岡山さんの好きなものや持っていそうなものは、みんな想像しやすかったようです。

 

ラミー(野村さん)っぽいもの

この中で野村さんの私物は3つほどしかありませんでした(笑)

 

SAMPLING-3

2011/11/19

こんにちは、鈴木ゼミ8期生です。

第3回目のSAMPLINGです。今回のカテゴリも、ゼミ生から募りました。

・何かが入っていたもの

・まるいもの

・わるもの

・ひなこちゃんの靴紐と同じカテゴリだと思うもの

「ひなこちゃんの靴紐と同じカテゴリだと思うもの」というのは前回の授業で中井川さんが「もらったもの」として持ってきた靴紐のエピソードから生まれたカテゴリです。

以下、中井川さんの靴紐のエピソード↓

「靴紐の話」
歌舞伎町前の交差点、隣に立ったお兄さんの靴紐がちぎれた瞬間を目撃しました。
お兄さんは「これ見て」と私に話しかけ靴紐を拾い上げました。
私がびっくりしていると、「これあげる」といいその靴紐を私に手渡しました。
私はとってもびっくりしたけど、何か特別なものな気がしてそれを受け取りました。

 

何かが入っていたもの

中に何が入っていたか想像するのが楽しいですね。

 

まるいもの

コンパスという変化球がありました。

 

わるもの

割るもの、悪者など、ひらがなならではの解釈ができました。これは英語にするとできなくなってしまうので、言語は面白いなあと思いました。

 

ひなこちゃんの靴紐と同じカテゴリだと思うもの

ひよこと柿の間にある黒い紐が、ひなこちゃんの靴紐です。捨てられないもの、特別なエピソードがあるもの、結ぶものなどの解釈が生まれました。

SAMPLING-2

2020/11/16

こんにちは、鈴木ゼミ8期生です。

今回は、第2回目のSAMPLINGです。前回とは異なり、カテゴリはゼミ生から募集をかけ、投票で決まりました。

・透明なもの

・もらったもの

・自分にちかいもの

・愛らしいもの

・光るもの

「透明なもの」で、市川くんが何が入っていたのかわからないプラスチックの空のパッケージを持ってきていたのが印象的でした。パッケージに貼られたラベルの文字情報から、中身が何だったのか想像するのは面白い体験でした。

 

透明なもの

みんなの透明なものが集まると、かなり綺麗です。

 

自分にちかいもの

何となく、誰が持ってきたものかわかります。

 

愛らしいもの

ぬいぐるみや懐かしいミニチュアなどが多かったです。

SAMPLING-1

2020/11/12

こんにちは、鈴木ゼミ8期生です。

私たちは現在、カテゴリに沿った私物などを持ち寄る、SAMPLINGという活動を行っています。

まず初回(11月12日)のSAMPLINGのカテゴリは鈴木先生からの提案で、

・緑のもの

・小さいもの

・細いもの

・拾ったもの

でした。

初回だったため、みんながどんなものを持ってくるのかわくわくしました。衝撃だったのは、「細いもの」として福田さんが持ってきた「デッサン用のはかり」です(3枚目の画像に写っている細くて黒い棒)。なんとこれは自転車のタイヤの中心から放射状に伸びている金属の棒を、そのまま転用しているそうです!意外な活用法…。

 

緑のもの

緑といっても、いろんな明度・彩度・質感の緑があります。

 

拾ったもの

拾ったものなので、得体の知れないものもちらほら。

 

細いもの

そうめんやシャープペンの芯を持ってきている人もいました。細すぎて板の模様に溶け込んでいます。