8期生 SKETCH

SKETCH

2021/04/01

 

こんにちは、鈴木ゼミ8期生です。

昨年度、数回に渡って行ったSKETCHのワークショップについて。

 

 

ゼミ生一人ずつ、お題を出して全員でスケッチしていきます。

机に1枚ずつ並べてみると圧巻です。

頭の中にある朧げなものの輪郭は個性豊かで見ていて飽きません。

 

月の模様、宇宙人、キリン。

この日は条件なしでとにかくお題に沿って自由にスケッチしました。

 

 

別日になりますが、「記憶のドリル」と題して日本列島のスケッチも行いました。

 

まず1枚、何も見ずに自分の記憶にある日本列島を描きます。

次に各グループでお互いの日本列島を見せ合った上で2枚目を描きます。

3枚目はインターネットで画像検索をし、日本列島の写真を見た後で描きます。

最後にその1週間後、4枚目の日本列島を描きます。

 

自分の出身の県だけどうしても大きく描いてしまったり、ディティールに拘っていたり、と小さな特徴に注目してみると新しい発見がありそうです。

 

 

自分の中で日本列島の輪郭がどう変化していくのか、意識の外に生まれる変化を実際に目にすると不思議な感覚です。

4枚の変化過程はオンラインゼミ展「Sampling」の「SKETCH」コンテンツページからご覧いただけます。

 

 

 

この日は「一筆書き」に条件を絞ってスケッチを行いました。

 

簡略化されて描かれるモチーフは見方を変えると別のものにも見えてきます。

 

授業の中に限らず、スケッチを日々続けることでまた新しい発見や自分の中に生まれるものがありそうです。

メモ帳をたくさん購入したのでみなさん是非、描いてください!